木島平スキー場

  1. HOME
  2. 遊ぶ
  3. ウェーブ

ウェーブ 連続するスノーウェーブでグラトリ スイッチで技

スノーパークとサーフライド

木島平スキー場には連続ウェーブがあるゲレンデがあります(画像の○部分)。 ウェーブの楽しみ方は、連続する丘を乗り越える楽しみ方だけでなく、前滑り、後ろ滑りなど自然のウェーブを使ってスイッチする滑り方が身につきます。変化に柔軟に対応できる練習はテクニックと楽しみ方の追求でもあり、上級フリーラン、フリーライドへの近道でもあります。 大小の変化あるウェーブは単に滑るだけでも楽しいのですが、かっこいい滑り方を学ぶ練習場でもあり、グラトリ等のテクニックを自然と身につける1番近道なのがこのコースになります。

ウェーブで連続ジャンプ 

皆さんも滑り方に変化をつけたい、カッコいい滑り方を魅せたい、試したいというワクワク感があると思いますが、どうやってそのきっかけを作るのかわからない方も多いと思いますが、ウェーブのトップ、ボトムに向けての滑り方がそのきっかけを作るポイントになります。ボトムに向けて勢いをつけトップでジャンプ、ミドルでスイッチして再びボトムからトップに向けてジャンプなど練習も楽しくなりますよね。

パンピングと初めてのジャンプ

ゲレンデ内でウエーブを見つけたら、パンピング(振り子)の動きを身に付けましょう。感覚的にはブランコを漕ぐ時のように力の緩急を使い分けて加速させます。斜面を下るときに重心を落としスピードを加速させるものです、主にハーフパイプのドロップインの時やパイプエアから着地して次の壁に向かうためのスピードをつけるときに使う技術でもあります。
ウェーブの頂点を過ぎて板が下り始めると同時に全体重を板に掛けると一瞬加速します、この繰り返しでスピードを加速させていきます。パークエアの時にも使うテクニックですが、このパンピングを習得しておくとパウダーの中での脱出時やグラトリ時の加速などにも応用できますので、このウェーブで練習する事が基本的な技となります。

初めてジャンプ台に入る前に連続ウェーブやゲレンデの小さなギャップ等で何度も飛んで、飛ぶことに慣れてから初めてのジャンプに進みましょう。安定したオーリーができるようになっておく事も理想です。
(ゲレンデで安定したオーリーができないのに、ジャンプ台に入るのはかなり危険です。)

また、ジャンプ初級レベルでは、ジャンプ台で練習するよりゲレンデで何度も飛ぶ方が上達が早いと思われます。
ジャンプ台で1回飛ぶ間に、何回も飛べるので連続した練習になります。

スキーでもスノボーでも連続ウェーブでの飛び方を練習する事が楽しいだけでなく、レベルアップの良い練習場となります。スイッチ、オーリーなどで自由に板を扱い、身体の軸を安定させる練習にもなります。その練習の積み重ねが体軸を安定させたジャンプにつながりますので、楽しみながら挑戦しましょう。

木島平スキー場 長野県